冷え性からくる不調を改善するためにも温活をしよう

体あったか.net

体あったか.net

新着情報

冷え性に関する知識を身に着けよう

平均的な体温が一度下がるとどうなってしまうの?

人間は体温が一度下がると免疫力が約30%も低下してしまいます。それだけでなく、代謝も約12%程悪くなるでしょう。その結果ウィルスの侵入を防ぎづらくなり、いろんな病気にかかる可能性が高くなってしまいます。代謝が悪いことで太りやすくもなるでしょう。

体温が36.5度以上でも冷え性になることはあるの?

体温を計るときの環境や冷えの具合によっては、体温だけで判断できないことがあります。体の表面の温度が高くても、体の芯が冷えていることもあるので気をつけましょう。お腹や太もも、下半身に触れて冷えているかどうかを確認するといいでしょう。

冷え性になってしまう主な原因って何?

現代人が冷え性になりやすい主な原因の1つが運動不足でしょう。体温を高める働きの約4割を筋肉が行っています。筋肉が多ければ、その分発熱の量も増え体温を高くすることができるのです。また、食生活の変化も冷えと関係があります。体が冷えやすい食べ物や水分の取りすぎにも注意が必要です。

現代人の平均的な体温ってどれくらいなの?

一般的に36.5度が平熱の基準になっているようですが、現代人は35.5度~36.3度前後の人が多いようです。半世紀前と比べると1度~2度も体温が下がっていることがわかっています。そのことから、昔よりも免疫力が低下している状態だと言えるでしょう。

冷え性改善の為にできることって何?

冷え性改善のためには体温を高める行動を取り入れることが重要です。体を温めるための温活として、適度な運動や体を暖かくしてくれる食べ物、半身浴といった入浴法などが知られています。家庭で手軽にできる方法はもちろん、岩盤浴や温泉のように施設を利用した温活もあります。

骨盤矯正グッズを使用
効果について調べる

体の冷えを甘くみない

靴下を履く人

手足が冷たい!冷え性になりやすい環境を知る

冷え性で手足の先が冷たいという経験のある人は多いでしょう。この冷え性は女性の病気と思われがちですが、男性にも当てはまるものです。冷たい物を口にすることや運動不足、冷房のきいた環境などさまざまな要因で私達の体は冷えやすくなっているのです。

冷えることで体に起こる不調とは?

冷房や運動不足、冷たい物で体が冷えてしまうと体にいろいろな不調が起こることがあります。例えば、肩こりや肌荒れ、頭痛や疲れが残りやすくなるでしょう。このような症状は、血管の引き締まりと関係があります。体が冷えると血管が引き締まってしまい、血液の巡りが悪くなってしまうのです。その結果、体のいろいろなところに不調が現れます。

体の冷えをそのままにしてしまうと大変

体が冷えることで血液の巡りが悪くなると、むくみや肥満、不妊などの症状にも繋がってしまうでしょう。冷えが慢性化してしまうと平均的な体温も下がってしまいます。そして体温が下がるということは免疫力の低下にも繋がり、風邪やインフルエンザだけでなくいろんな病気にかかりやすくなってしまうのす。

冷えを改善させるためにできること

体の冷えを改善するためには毎日の生活の中で体を温めるようにしなくてはいけません。体を温めて健康的な体温へと導くことを温活といいます。温活は特に難しいことを取り入れる必要はありません。手軽で続けやすい温活もたくさんあるので、自分に合う方法を探してみましょう。

冷えの改善に効果的な方法を知る

ストレッチ

温活の基礎と言われている入浴の方法

体を温める温活の代表といえば入浴でしょう。シャワーだけでは、体の芯まで温めることはできないのです。湯船に浸かることで、体の血行を促進させることができます。そのため、体の芯を温めるのに効果的な半身浴の方法について知っておきましょう。

READ MORE
寒がる人

いろんな温活の方法があることを知ろう

温活にはいろいろな方法があります。体を冷やさないためにはどの部分を温めるといいのでしょうか。体温を高めるためにできることの1つとして、食事にも気を使うといいでしょう。体が温まる物とそうでないものを見極めましょう。

READ MORE
広告募集中