冷えを撃退したいときにどこを温めるのか、何をするべきなのか知ろう

体あったか.net

体あったか.net

上手に体を温めたいときのチェックポイント

足元や下半身をしっかりと温めること

足は心臓から遠い部分なので冷えやすく、そこから冷え性が進行することもあります。ふくらはぎには血液を心臓に戻す役割がありますが、冷えるとそれが上手くできずむくみを引き起こしてしまうでしょう。レッグウォーマーや靴下、カイロなどを用いて足元を温めるようにしましょう。

血管の多い首元を冷やさないようにすること

温活では3つの首に気を使うことが大切です。3つの首とは、手首と足首と首のことです。これらの部分には太い血管が通っています。そして、それが表面の近い部分に出てきているため外気の影響を受けやすいのです。ここをしっかり守って冷えを体に入れないように注意しましょう。

体の芯でもあるお腹のケアをすること

お腹にはたくさんの臓器があり、そこには血液も集中しています。お腹を温めることで血流や臓器の働きを促し、全身の冷え対策になるでしょう。お腹を冷やさないように腹巻きを活用している人も少なくありません。そこにカイロを忍ばせて使ってもいいでしょう。

マッサージや運動を積極的に取り入れること

マッサージやストレッチ、運動を取り入れることで血流がよくなり冷えの改善になるでしょう。体温を高めるために筋肉量を増やすことも大切なのです。ただ、いきなり運動をしても続けるのは難しいでしょう。まずは手軽なマッサージやストレッチから始めて冷えにくい体を目指しましょう。

体を温めるための食事を意識すること

体を冷やさないためには冷たい物を控えることと、体を温める物を取り入れることが重要です。体温より冷たい飲料水やアイス、生野菜は体を冷やしやすいので気をつけましょう。そして、味噌汁や生姜、唐辛子や蒸し野菜などで体を温めましょう。

体を冷やさないための方法

寒がる人

体を冷えから守る生活を始めよう

足元や首、お腹などの部位を温めることで全身の冷えを防ぐことができます。また、運動や食事も温活には大切なことです。特に、口から入るものは体内へダイレクトに影響を与えます。温活をするときは、これらのことを意識して生活するようにしましょう。

温活のために冷えやすい食べ物を知る

食べ物には体を冷やすものとそうでないものがあります。温度が冷たいから体が冷えるというだけではなく、ナスのように加熱調理をしても体を冷やしやすい食べ物があるのです。冷やしやすい食べ物の多くは夏に旬を迎えるようなものです。ナスの他にはキュウリやみかん、レタスなどが含まれます。体の中から温めたいときはそういった食材を気にしてみましょう。

飲み物にも注意を払うようにしましょう

コーヒーや緑茶をよく飲むという人もいるでしょう。これらの飲み物も体を冷やしてしまうものです。ただ、同じお茶でも発酵させて作られたウーロン茶や紅茶、ゆず茶などは体を温める飲み物になります。それにしょうがをプラスすると、体を更に温める効果がより期待できるでしょう。

温活を始めて健康的な生活をおくる

生活をする中で、小さくても1つ1つ気をつけることで冷えを撃退することができます。自分にとって取り入れやすい温活方法を見つけて、実践してみることが大切です。体温を高めて病気になりにくい健康的な体を目指しましょう。温活で健康になることで妊活やダイエットの効果も期待することができます。

冷えの改善に効果的な方法を知る

ストレッチ

温活の基礎と言われている入浴の方法

体を温める温活の代表といえば入浴でしょう。シャワーだけでは、体の芯まで温めることはできないのです。湯船に浸かることで、体の血行を促進させることができます。そのため、体の芯を温めるのに効果的な半身浴の方法について知っておきましょう。

READ MORE
寒がる人

いろんな温活の方法があることを知ろう

温活にはいろいろな方法があります。体を冷やさないためにはどの部分を温めるといいのでしょうか。体温を高めるためにできることの1つとして、食事にも気を使うといいでしょう。体が温まる物とそうでないものを見極めましょう。

READ MORE
広告募集中